病気を治すために

メディカル

どのような病気なのか

双極性感情障害とはときには気分が興奮したり高揚したりするなどのような状態が現れるかと思いきや、突然気落ちしたり気持ちが沈んだりするような状態を見せるなど、その両方が繰り返し現れてくる病気でして気分障害の1つといわれています。請うような気分のときは些細なことで感激したり気持ちが高ぶって涙を流したり多弁となってきたり気まぐれとなり、次から次絵と考え方が変わって行動に移っていきます。そして逆に気持ちが沈んだときは「死にたい」とか「私は生きている意味がない」などのようなことを発し、被害妄想や不安感情がしきりに強くなっていきます。それを繰り返す状態となってしまうわけですから、生活の中で常に精神へ負担がかかってしまっているのです。さらにこの病気がひどくなっていきますと他人の言葉を耳にしなくなるようになり、社会的逸脱行為などのような勝手な行動ばかり起こしてしまうこともあります。家族がいくら注意をしても聞かず、ときにはうるさく注意する人に対して怒鳴り散らしたり強く反発するようになったりと手がつけられなくなることもあります。そのため家族は、双極性感情障害となってしまっている人のために生活のリズムが崩されてしまうこともあり、家族が体調を崩してしまうパターンも少なくありません。そこまでとなってしまえば患者本人は病院で診てもらい、ひどくなって困った行動ばかりするのであれば入院する必要も出てくるようになるため、早い目に精神科などへ見てもらうことが良い方法とも言われています。

どこかに相談して早期治療

双極性感情障害となってしまった場合は心療内科や精神科に診てもらうことでその治療法をすすめてくれるようになります。しかし、病気となってしまった人の中には精神病になることを拒否したく思う人もいまして、病院にいくことを拒まれてしまうことがあります。病気だからなんとしてでも家族は病院へ連れて行きたい気持ちが強くなって無理やり連れて行こうとしても、行きたくないと感じる本人は部屋の中に閉じこもって出てこなくなってしまう場合もあります。そのような場合は本人が病院へ行くようにするのはまず控えて、困って悩んでいる家族が病院へ行き医師と相談するのも方法の1つです。そのほかどうして病院へ行きたがらないのか、そのほかどのように苦しいのか、ちゃんと本人からやさしく話を聞いていくことも治療をするための第一歩となることもあります。双極性感情障害となってしまった人本人もとても大変に感じる病気ではありますが、その病気となってしまった周囲も大変な生活を送ることになりますので早期治療に向けて行動を起こしたいと考えるのであれば、悩んでいる家族が病院へ行くことも良い手となります。もし病院へ相談することに躊躇な気持ちを感じる場合は、精神福祉センターなどで相談する方法もありますし電話相談を受け付けているところもあります。そしてそれから医師に診断してもらい、多くの人は気分安定剤を処方されながら気持ちを落ち着かせて治療を行っていくようになりますため、できるだけ早い目に受診されるほうが良い病気でもあります。